産後ドゥーラ  あべ みか プロフィール


2014年秋より そのご家族に どのような寄り添い方をさせていただいたなら、

ご家族みなさまの安心や笑顔につながるのか…を一番に考え
産後ドゥーラのお仕事をさせていただいております。

2014年秋 
・ドゥーラ協会産後ドゥーラ 認定後、活動開始
2017年 1月31日
・子育て支援員研修 (厚生労働省)
    地域保育コース 共通科目
    乳幼児の生活と遊び
    乳幼児の発達と心理
    乳幼児の食事と栄養
    小児保健Ⅰ  小児保健Ⅱ    修了  
2017年11月21日
・子育て支援員研修 (厚生労働省)
    全地域保育コース
    ファミリー・サポート・センター研修    修了

足利市在住
癒されるものごとが大好き 
現在、小学校へ通う男の子のママです。


〜 ママの笑顔のために 〜

2005年、当時4歳2ヶ月のひとり娘を小児がんで亡くしました。
色々な方々に支えられる中、娘と共に頑張った闘病生活。
その時に信頼する主治医の先生から『子どもが一番に求めているのはママの笑顔』
と教えていただきました。
そう励まされ、娘への精一杯の愛情の証として 娘の前では笑顔を絶やさずに過ごせました。
あの辛い時期、そして最後に一緒にいられた尊い時期に、笑顔を見せて
心から愛する娘と過ごせたことを、今はとても誇りに思っています。
とはいえ、それができたのは、私の辛さを そのままに受けとめて下さる方々の
あたたかく素晴らしいサポートがあったから…。

感謝の想いを胸に この経験から、ママの笑顔のために何かお役に立つことができたなら…。
そう心から思い、より笑顔で子育てができるようなサポートを第一に考えております。
笑顔で子育てドゥーラ。
お子様の病気や治療で様々なお気持ちを抱え、手が足りない等でもお困りの方、一緒にがんばりましょう。
親子でのひとつでも多くのあたたかな笑顔の交流をお届けできますよう努力いたします。

『ママと僕の虹』は、当時の私を力強く支えて下さった医師の渡辺久子先生の多大なるご支援のもと

様々な想いをされていらっしゃるママへの応援エールを込めて2008年に制作させていただいた絵本です。

その頃、渡辺先生が慶応病院の小児科でお配りして下さいました。
現在は、子どもを育てる全てのママさん達の『心に響く絵本』との嬉しいお言葉を数多くいただきながら
様々な場所でお読みいただいております。
 
その『ママと僕の虹』は、株式会社カンゼンから2012年に発行された渡辺先生の書籍
『たっぷり甘えさせてしあわせ脳を育てる!6歳までの子育て』にも掲載されました。